プロフィール

林武利(はやしたけとし)

1961年7月生まれ AB型 かに座 
家族構成:妻と青年2人
千葉県鎌ヶ谷市 在住 三重県松坂市出身
国学院大学文学部卒業
■趣味:古典を読む、ゴルフ、キックボクシング審判
■習慣にしていること:瞑想
■好きなお酒:ジャパニーズウィスキー

事業を成功に導くことが私の使命

私の育った環境は、世間一般のものとは少し違っていました。私の祖父は的屋稼業の親分。いわゆる『任侠』の世界の人間です。任侠と聞くと色々なイメージを持たれるかもしれませんが、本来、任侠とは仁義を重んじ、困っている人を助けるために自己犠牲も厭わないことを意味します。祖父は、まさにその通りの生き方をしてきました。地元では権力者であり、周りからは一目置かれた存在。非常に愛情深く、人間味あふれる人で、小さな私に対しても決して子供扱いせず、ひとりの大人の男として接してくれました。祖父から学ぶことは多く、祖父の背中を見て育ったと言っても過言ではありません。困っている人を見ると放ってはおけない私の生き方は、恐らく祖父の影響を多大に受けているのでしょう。祖父の愛情をたっぷり受ける一方で、父からは常に暴力を受けていました。それは、義理の父である祖父を越えられない、父なりの葛藤のはけ口だったのだろうと思います。そんな父から逃げるように、東京の大学に進学。小さな頃から格闘技には馴染みがあったことや、その頃、夢中になっていた漫画の影響からキックボクシングの世界に身を投じました。全日本チーム戦で4連覇の成績を収めることができ、そのことが後に角川書店への就職にもつながりました。
角川書店入社後は、当時の最高経営者である角川春樹の秘書を務めることになり、彼の近くで、経営だけではなく、生き方や人脈など様々な勉強をしました。その経験が、現在の私のベースにもなっています。
角川書店退職後は様々な事業を起業し、その数は十数社にのぼります。倒産した会社もあれば、現存しているものもあります。幾多の難所を越え、そこで得られた生きた知恵。それを惜しみなく提供し、事業を成功に導くことが私の使命です。

PAGE TOP